私が女だと教えてくれた男


≪前の記事へ | 一覧 | 次の記事へ≫


こんにちは りのです(^。^)
昨日のブログは長いな〜
なんせ、心身ともに
欲求不満なりのの願望を
みっちりつめこんじゃったからね(*^o^*)

この一ヶ月くらい
夫婦のセックスはほとんど私から
それも、回数もぐんと減り
心も身体も調子を崩しちゃった
もうくるはずの生理もこない
わりと毎月正確なりの
来るなら昨日のはずなんだけどな...

昨日は妄想ブログを書きながら
明け方まで夫を待っていました。
何か気が紛れるものといえばブログ
妄想の中では気ままに自由に振る舞える
なんでもありでしょ?

やっぱりこない...
まぁ、彼も体調良くなさそうだし
りのからまた誘うのも悪いよね
最近セックスをしても
何か、どこか切ないような淋しいような
こんなに悲しいなら
中イキをした、中イキがしたいと
言い出さなければ良かったと
言ってしまってから思うりのでした
こんな結果になると
なんとなくわかってはいました
りのは彼をいつも見てるからね
でも、言っちゃったのは
2回目がいつまでもなくて焦ってしまった

初めてちゃんと
女としての悦びを実感できて
彼を男として意識できるようになったの
嬉しかった
父、母、パートナー、仲間、友人、家族
そして、夫、妻... 時には味方、時には敵?
いろいろ(エロエロも)役割があるけど
彼はりのが女であることを教えてくれた男

知り合ってからずっと
持てそうで持てなかった
「りのは女で夫は男」という気持ち
普通のことのように聞こえますが...

自分が女だとわかって
やっとあなたを男として実感できたの
これからもそう感じたい
でも、そのこと言わなければ良かった
いろいろごめんなさい

私が今言いたいことはこれです
彼には伝えるつもりはないけどね...
お互いの気持ち
自然にはなかなか重ならないようです









≪前の記事へ | 一覧 | 次の記事へ≫


その他のブログはこちら

※携帯端末で操作可



人妻ライブチャット ファムTOPへ

人妻携帯ライブチャット
ファム